まとわり憑く女A

146 140 2007/04/22(日) 16:59:11 ID:GtCL5HlR0
その女は多分50歳前後だと思う。ただ、なんとなく見覚えのある顔だった。
無表情のそのおばさんは、タイ子を押さえつけながら俺ら?と言うよりSをずっと
見つめていた。
何秒くらい互いに見つめあってただろう…俺はその間ひたすらこの女のことを考え
ていた。そもそも、タイの店でSに女が憑いてるって騒いでた時も、俺は女を既に
「オバハン」だと決め付けていたし、今、目の前にいるそのおばさんはまさしく俺が
思い描いていたとおりの顔だった。ん?じゃあ俺も関係しているのか?この女は
いったい誰だ?よく考えろ、だれだ?どいつだ?

Sがゆっくりと話し始めた。

「あんたは俺に何をしたいんだ?喋れるか?俺は落ち着いてるぞ。俺の人生
27年間、物心ついたときからあんたの顔は知ってる。体はあるのか?生きてる
のか?今日ではっきりさせよう。憑いてるのは俺個人か?家系か?」


147 140 2007/04/22(日) 17:00:34 ID:GtCL5HlR0
エーコがタイ語でタイ子に話しかけるが、なんら反応が無い…

俺はずっと考えてた。こいつの顔をどこで見たのか?なぜ俺も知っているのか?
どこで見たのか…!思いだした!ん?エプロン姿?作業着?なんだかたくさん
思い出してきた。

やっと分かった。そう、エプロン姿も作業着姿も見覚えがあるはずだ。だって…

「T、おまえも知ってるはずだ。思い出したか?そうだよ、この女は俺らが通って
いた保育園の先生だ…お前は途中から幼稚園に行ったけどな、俺はずっと
その保育園にいたんだ。言ったはずだ、知ってるだろ?俺のティムポと尻と背中
にスゲー傷がある事、保育園でこいつにやられたんだ。人間の体で入りやすい
箇所3箇所だからな。事件後、園長と一緒に家にあやまりに来たとき、うちの
じいちゃんはすげー顔してたぜ。分かるんだろうよ、なんせ拝み屋だからな。」


148 140 2007/04/22(日) 17:01:09 ID:GtCL5HlR0
女の顔が歪んでくる…Sはさらに話し続けた。

「T、お前は休日出勤ほとんどしなかっただろ?見覚えないかも知れんが、
うちの会社で使ってる清掃業者の中にもこの女は紛れ込んでたんだ。一瞬
チラっと目があってな。俺は全てを思い出し、即効家に帰ったよ。休み明けに
会社に来てみると、トイレに俺の事がいっぱい書いてあった。覚えてるだろ?
ぜんぶこいつだ。H部長にある程度の訳を話し、この女はその会社をクビに
なったそうだがまだまだ続くんだ。実家の玄関に効きもしねぇ札貼ったり、家の
前を何往復もしながら呪唱えていやがる。しかもよっぽど俺は恨まれているの
か、こいつ自身に跳ね返りがくるぐらいの強烈なやつよ。」

「まだまだあるぜ!消防の頃、校門前にチラシ配ってる変な女いたの覚えて
るか?ちっちゃい子達が怖がっちゃって、先生達が追い払った奴。それもこいつ
だよ。授業参観のとき奇声を発しながら廊下を歩いてたのも、体育の授業中
ずっと影から覗いてたのもこいつだ。かんけーねぇ卒業式まで参加しやがった。
さぁ、何が知りたい!何が望みだ!話してみろ!話せ!」


149 140 2007/04/22(日) 17:01:42 ID:GtCL5HlR0
タイ子がとうとう堕ちた…力が抜けきったようにダラッとなり、失禁する。
エーコは怖いのか、小声で何か言いながらずっと俺にしがみついたままだった。

女はSを見つめたまま動かない。

やがて、女の目線がゆっくりとタイ子に移った。一瞬俺らのほうを見た後、ニヤっと
笑い薄くなってきて…消えた。

「T、ありゃあ生霊だ。もう少し続くぞ。」
「もうかんべんしてくれー。あの女、確かに覚えてるよ。ありゃあ変質者って
言うよりも、Sだけを狙ってたのか?」
「あぁ、消防、厨房どこまで俺の事見てたのかは分からんけどな。ただ、あの
女は先長くねーぞ。Tも見たしタイ子もエーコも見たし。本来なら俺だけに見
えてなくちゃおかしい。失敗だな。奴にはキツイ返しが待ってるぜ。」


150 140 2007/04/22(日) 17:02:18 ID:GtCL5HlR0
タイ子を横に寝かし、3人で今後について話した。正直言うと、俺はその時
ホッとしてた。あのおばさんはSを狙ってるみたいだし、Sじゃなかったとしても
とり憑くのはタイ子のような気がしたから。
エーコがポツリポツリと話し始めた。
「女の人、タイ子に入ってるよ。ちがう?Sさん、ちがう?」
「エーコ、とりあえずタイ子はここに泊まらせる。明日みんな暇か?実家に
行って、親父にお払いしてもらおう。T、エーコ、それでいいな。」と、S。
「そうだな、Sのおやじさんだったらなんとかしてくれるんじゃね?」
「たぶん、な。」

結局みんなSの家で夜を明かす。朝、起きて気がついてみると、エーコとタイ子
がいない事に気づいた。俺より先に起きてたSに訳を聞く。


151 140 2007/04/22(日) 17:03:00 ID:GtCL5HlR0
「タイ子がエーコを起こしてたんだ。T、お前のいびきがうるさくてあんまり聞こえな
かったけど、エーコは多少嫌がってたようにも聞き取れた。俺は聞き耳をたてな
がら様子を伺ってたけど、タイ子には多分ばれてる。あぁ、エーコの言うとおりだ。
奴は多分タイ子の中にいる。生霊にもかかわらず!だ。」
「あぁそうきたか、やっかいな事になっちまったな。S、今からタイ子に知らない
フリして電話してみるわ、俺。」
「そりゃあ無理があるんじゃね?・・・とは言っても、今はそれしか方法ねーよな。」

タイ子に電話をかける…

「はい!Tさん、昨日ありがとう。助かったよ!エーコに聞きました。」と、タイ子。
「そっかー、よかった。どうだ?体はなんともないのか?」
「へーきよぉ、元気よー。」
「エーコもそっちいるの?」
「!!エ・エ・エーコは今いないです。買い物行ってます。」

まとわり憑く女Bへ続く
怖いサイト.com
ベストヒットナビ
感想・雑談はコチラ
もっと探す@AB
[戻る]
- mono space -