貞夫

810 :本当にあった怖い名無し:2010/11/05(金) 04:11:51 ID:cQjs0MRd0
俺が大学入って数年して、留年が確定した時の話なんだけどさ

もう正直大学なんて行く気がこれっぽっちもなくって人に会うのも億劫だったんよ
そんで髪の毛とかぼさぼさで伸びっぱなしでさ、それこそ前髪が鼻の穴どころか口に入る勢いだったのね




そんである日の夜にさ、コンビニに飯買いに行った帰りにさ
夜道を歩いていると向こうから自転車に乗った人がやってくるわけ

そいつ、結構遅い時間だったからか、気持ちよく歌なんて歌ってさ
少し憂鬱だった俺は、すれ違うときに鬱陶しそうにそいつを少し睨んでしまったんよ

目が合ったあと、そいつさ、「ひっひっ」とか言って猛スピードで逃げてってさ
そんなに恐がるこたぁないだろうと思ったけどさ、考えてみたら俺、男版貞子みたいな風貌じゃん
そらぁ、夜道で出会いたくない男No,1だろうなぁ・・・なんて考えてたら悪戯心が芽生えちゃって・・・てへへ

翌日も貞夫は飯を買いにコンビニに行ったわけよ。
そんで帰り道に運良く向こうから歩いてくる男がおるわけさ

このままのスピードだと街灯の真下ですれ違うな、って思って歩く速さを早くするか遅くするか考えてたんだけど
ちょうど街灯がフッと消えてしまったんで、こいつはチャンスと前髪をわざと下ろしてすれ違うタイミングを計ってたんよ

前髪越しにアタリをつけてそいつめがけて「うううぁぁぁあああっ!!」って思いっきりにじり寄ったんよ
そいつも「え、え、うぃいいいぃ!」とか言いながらドチャッっと尻餅ついた。
心の中で成功!と思いつつ怪我とかされてたらアレだから逃げる前に前髪上げてそいつの様子を一瞬確認しようとしたのね

そしたらさ、いや、ほんとにわけがわかんないんだけどそいつさ、どこにもいないんよ
そいつが居た付近のアスファルトはなんかケツの形に湿ってた、そんで街灯がついた。
マジで一瞬で居なくなってたし、恐いんでとりあえず俺も逃げておいた。

いやぁ、どっちが脅かされたんかわかんないけど、多分俺の勝ちかなぁ、不思議なこともあるもんだってね。
怖いサイト.com
ベストヒットナビ
感想・雑談はコチラ
もっと探す@AB
[戻る]
- mono space -