アインシュタインの予言

「もしハチが地球上からいなくなると、人間は4年以上
は生きられない。ハチがいなくなると、受粉ができなく
なり、そして植物がいなくなり、そして人間がいなくなる」

これは、あの天才アインシュタインが残した予言と言わ
れています。どうゆうことかと言うと、ハチが消えると
受粉ができなくなり植物がいなくなる。植物が消えれば
酸素が供給されず、人間は野菜から必要な栄養分を摂取
することもできなくなる。よって人間も地球上からいな
くなると言うものです。

しかし、2006年にアメリカで多くのミツバチが巣箱から
失踪していることが確認され始めたのです。こうした現
象は蜂群崩壊症候群(CCD)と呼ばれ、世界各国の専門機
関で研究されているようですが、確実な原因は未だに不
明のままと言います。
さらにミツバチの失踪は拡大を続け、全米で180億匹の
ミツバチが短期間に巣から失踪していることが確認され
たのです。しかも日本でも同様の現象が確認され始めて
います。2009年4月に行われた農林水産省の調査では、
山形県、栃木県、静岡県、岡山県、鹿児島県など計21都
県で、野菜を育てる上での受粉に必要なミツバチが不足
していることが明らかになったのです。

天才アインシュタインが残した予言が本当だとすれば、
人間が絶滅するためのシナリオが着々と進んでいること
になります。人間の未来は一体どうなってしまうので
しょうか?
怖いサイト.com
ベストヒットナビ
感想・雑談はコチラ
もっと探す@AB
[戻る]
- mono space -