ずっと見ている

小学生の頃そろばん教室に通ってました
塾舎は二階建ての建物で、左右にある大きな窓から外を覗くとそれぞれ民家と茂みが
見えました

ある日向かい側(塾舎の右の窓から見て)の民家の窓から誰かが薄いカーテン越しに
こっちを見てるのに気が付きました
その時は友達たちと一緒「こっち見るなよな〜 ムカツクw」程度にしか思ってませ
んでした 
けど次の日も見てました
次の日も次の日も・・・・
それで一週間くらい経った後、消防団の父から「あの家(向い側の民家)の方が首を
吊って亡くなった」 
「長い間誰も気がつかなかったらしい」  
「首を吊ったのは窓際」
だと聞かされました

どうやら自分達は「首を吊って亡くなった人の遺体」を誰かがこっちを見ていると勘
違いしてた見たいです

けど確かに一日だけあったんです
薄いカーテンと厚いカーテンの二枚が閉じていて完全に窓の奥が見えなくなってたコ
トが

今思えばどうしてなんでしょう
その方は亡くなってたはずだし・・・・
部屋にもう一人誰かいたのでしょうか
その日は夏日和で日差しがとてもキツイ日でした
怖いサイト.com
ベストヒットナビ
感想・雑談はコチラ
もっと探す@AB
[戻る]
- mono space -