押入れの姉A

906 「押入れの姉」 sage 2010/09/09(木) 16:13:55 ID:KzzABe100
ややあって、姉がはじかれたように顔を上げると、早足で僕のほうに歩み寄ってきました。
そのとき僕は愚かにも……なぜか下半身にまとった最後の砦を奪われるような気がして、
情けない悲鳴を上げてしゃがみこみました。

「動かないで、じっとして」

股間をかばうようにしてうずくまる僕の頭に、そっと姉の手が載せられました。
どうやら、今度は僕の頭髪を調べているようです。
……僕は赤面しているのを知られまいと必死でした。
頭を撫でるようにまさぐっていた姉が、

「あった……! ちょっと抜くから、我慢して」

プツン
さして痛くもありません。
どうやら毛を一本、引き抜かれたようでした。
しかし姉の持つそれを見て、僕はギョッと目を見張りました。

長いのです。
ゆうに僕の頭からひざ下に届きそうな一本の黒髪。
もちろん、そんな毛が生えていたことなどまるで知りません。
これだけ長ければ洗髪のとき自分で気づくか、あるいは家族や身の回りの人間がすぐに
指摘するはずなのですが。

「……小ざかしい」

そうつぶやく姉の目は、まさに鼠を掌中にした猫のそれでした。
やおら眼前でその髪を伸ばすと、赤い舌でツゥー……と舐めてから、はじめて笑みを
浮かべていました。
美しい、けれど残酷さを漂わすその微笑を見て、姉の中でなにかが解決したのだということを、
僕は感じ取っていました。


907 「押入れの姉」 sage 2010/09/09(木) 16:16:18 ID:KzzABe100
「服を着たら、ちょっとお姉ちゃんの電話に付き合ってくれないかな?」

そう言う姉はすでに、いつものしとやかで愛らしい女の子に戻っていました。
すっかり安心しきった僕は、パジャマのボタンをとめながら「うん」とうなずきました。
電話の手伝いというのもおかしな言いまわしですが、姉の『お願い』にはすべてイエスで
応えるのが僕の習性になっていたのです。

「ありがと。ちょっと苦手な人に電話するから、お姉ちゃんの手を握っていてほしいの」

そんなことならお安い御用です。
僕は受話器を取って番号をプッシュする姉の傍らに立ち、その手を握りました。
姉の手はひんやりとしてやわらかく、思わず力がこもってしまいます。

「……大丈夫、もう怖くないよ」

見上げると、姉はにっこりと笑っていました。
うれしくなって僕も笑みを返します。
やがて受話器の向こうから女性の澄んだ声が聞こえ、

「○○の者です。ええ、アレにつないでください」

このとき姉が自分をどう紹介したのか、どうしても思い出せません。
家族の苗字や地名ではなく、もっと別の、記号じみたことを言っていたように聞こえました。

『ぁ……やっ……れた』

しばらくして、さきほどの女性とは違う、しわがれて耳障りな声がわずかに聞こえてきました。


908 「押入れの姉」 sage 2010/09/09(木) 16:18:20 ID:KzzABe100
「どうもお久しぶりです。もっとも、アナタにとってはそうでもないかもしれませんが」
『な……で、……こん………も』
「なにをおっしゃっているのかよくわかりません。ああそうですか、気道がふさがれて
苦しいのですね。まあ、自業自得でしょうけど」
『いっ…………まま、こ………せ』

部屋がほとんど無音の状態だからといって、受話器から漏れ聞こえる声など微かなものでしかありません。
しかしそれでも二人の会話がどこか平穏ではないものだということは察知できました。
証拠に、姉の顔には先ほどと同様、小動物をいたぶるときの子供のような、冷酷な喜色が浮かんでいました。

それにしても相手の声は男女の判別すらできないほど荒れていて、まるで声というよりは
ノイズといったほうが適切でした。
僕は思わず(病気の人なの?)と、姉にしか聞こえないような声でささやいてみました。
その瞬間、

『そ………に……あ……る……!?』

淡々とした声の調子が、強いものに変わりました。
悪気はありませんでしたが、失礼なことを言ってしまったのかもしれないと思い、反射的に姉の手を強く
握ってしまいました。

「聞こえていますから、そんなに興奮しないでください。そちらの周りの方にも迷惑じゃありませんか。
弟も怖がっていますし。ねえ?」

姉から同意を求められ、僕はこくこくと首を縦に振った。

『………な…?……ど…お………の!…………い!……』
「ええ、弟ならずっとわたしと一緒です。いまだって手を握ってるんですよ。もう本当にかわいくて仕方ありません」
『…やく…………じゃ…!……も……あの………と……!…………………の!?……』

受話器の向こうから、なにやら詰問めいた口調が姉に浴びせかけられました。
それが心地よいのか、姉はどんどん相好を崩していきます。


909 「押入れの姉」 sage 2010/09/09(木) 16:19:37 ID:KzzABe100
唇の端を吊り上げ、目を細め、愉悦を隠そうともせずに笑っていました。
美しいことに変わりはないものの、まるで別人であるかのように、僕の目には映りました。

『…ッ………なん………で…………ら………うッ……』

上機嫌の姉とは裏腹に、電話の相手からは泣きぶせむような声さえ聞こえてきました。
なにかを必死に哀願しているようです。
そしてとうとう、僕の耳にも一節が届きました。

『お…がい。せめ…こえだ…でもきか…て』

僕が言葉の意味を解する前に、

「黙れこの淫売」

姉が低い声でうなった。

「貴様のような犬猫にも劣る雌畜生が、売女の分際で生意気に人の言葉をしゃべるな」
『………』
「余計なことは考えずその掃き溜めで巣作りに専念していろ、この」

姉は何拍か息をためるようにして、

「化物が」

いかにも忌々しげに吐きすてた。

『…………え?』
『……ヒッ!?……』
『あ…あ…アアアアアアァ!!! ウァァァァァァァァ!!!』





921 「押入れの姉」orz sage 2010/09/09(木) 17:30:03 ID:KzzABe100


その言葉がスイッチであったかのように、今度こそ受話器を通して泣き叫ぶ声がはっきりと聞こえました。
いえ、それは叫びと呼べるものだったのかどうかさえわかりません。
人の慟哭にしてはあまりにおぞましかったのです。

「アッハハハハハハ! 化物め! バケモノバケモノバケモノバケモノバケモノバケモノ!」

姉が「ばけもの」と罵るたびに、相手はなおさら狂おしく身悶えているようでした。
声帯が千切れんばかりの絶叫に混じって、複数の人間の怒号や悲鳴、そしてけたたましい
鈴の音が響いてきました。

僕は度重なる異常な事態に、とうとう気が遠くなったようです。
こわばっていた体から力が抜け、ずるりと視界が傾き、僕は意識を失いました。

目を覚ますと、そこはしんと静まり返ったリビングでした。
数回のまばたきを経て、飛びのくようにしてソファから立ち上がり周囲を見回します。

すでに窓の向こうは漆黒の闇で、蛍光灯の白々とした明かりが部屋を照らしていました。
家族の気配もありません。

夢、だったのか。
そうであってほしい、という願いを、生々しい記憶の奔流が否定してきます。

慣れ親しんだ家なのにまるで別世界いるような不安感に耐えきれず、姉の名を叫ぼうとした
僕の目が、一点で静止しました。

押入れが、揺れた気がしたのです。

呼吸さえ止まりました。
あれが夢であるならば、こんなところに姉が寝ているわけはないのです。


922 「押入れの姉」orz sage 2010/09/09(木) 17:32:43 ID:KzzABe100
僕はおそるおそる押入れの前に立ち、ふすまに手をかけました。
怖がるな、誰もいるはずがない、と頭で繰り返します。

バンッ!
と、ふすまを勢いよく開けて、腰を抜かしました。
体を丸めた半身の状態で寝ているのは、見まごうことなき、僕の姉でした。
口をぱくぱくさせながら呆然としていると、姉が「ううん……」と身をよじらせたので、僕はビクリとなりました。

姉がゆっくりと上体だけ起こし、ブラウスの袖で目元をこすりながら「よく寝たあ」と言って、出ようとするあくび
をかみ殺していました。

事態を飲み込めない僕は思わず、どうしてこんなところで寝ているのかと姉に詰め寄りました。

「う〜ん……ひんやりして気持ちよさそうだったから?」

呆れる僕の前で、「それに未来のお姉ちゃん型ロボットみたいで可愛いでしょ?」と猫のようなポーズを取って見せた。
体中の力が抜けてしまうと同時に、えもいわれぬ安堵感に襲われました。

「ちょっと顔洗いに行ってくるね。そしたらご飯にしようか」

何事もなかったかのようにバスルームに向かう姉を見送って、僕は電話機を調べました。
当時から留守番が多かった僕は、リダイヤル履歴の表示方法を知っていたのです。
もっとも新しい履歴は、おとといの父の携帯への発信でした。

やはり夢だったのだ。
どこから夢だったのかはさておき、とにかくあの異常な出来事はすべて虚構だったのです。
考えてみれば当たり前のことで、そのほうがずっと自然でした。
僕は大きくため息をつき、ソファにぽすんと身を横たえました。


923 「押入れの姉」orz sage 2010/09/09(木) 17:35:07 ID:KzzABe100
「待っててね。すぐお夕飯つくるから」

台所ではノースリーブのシャツとデニム製のショートパンツに着替えた姉が、夕食の準備に取り掛かっていました。
父母の帰りが遅いときは、いつも出前か姉の手料理だったので、僕にとっては日常の光景でした。

包丁のリズミカルな音に混じって、ときおり機嫌の良さそうな鼻歌がきこえてきます。
今晩のおかずを夢想しながら姉の後姿をなんとなく眺めていたとき、僕はふと感じた疑問を口にして
しまいました。

『お姉ちゃん、いつから髪を結っていたの?』

その瞬間、すべての音がやみました。

姉は包丁を持ったまま手を止め、振りかえろうともしません。

小気味よく左右に揺れていたポニーテールも動きを止めました。
しかし、僕が一度見た押入れの中の姉は、髪など結っていませんでした

理性ではなく本能で、問うべきではなかったと悔やみました。
数秒前に戻ってなにも言わずにテーブルの上を拭いて食器を並べ、姉に褒めてもらっていればよかったと、
心底後悔しました。

身動きできない僕に、姉は独り言のように、

「……やっぱり、男の子は髪をおろしたほうが好きなのかな……?」

その声には、なぜかわずかな哀調がこもっているようでした。
僕はかすれた声で、しかしはっきりと、

『お姉ちゃんなら、どんな髪型もきっと似合うよ』

本心を告げました。


924 「押入れの姉」orz sage 2010/09/09(木) 17:36:31 ID:KzzABe100
姉は顔の半分だけをこちらに向けて、

「ありがと」

と笑ってくれました。

すると二人っきりの家の中に、再び音が戻ってきました。
僕はすかさず立ち上がり、皿やコップを食卓に並べはじめました。

「あわてて転ばないでね」

優しい声に「うん」と応え、僕も夕食の準備を手伝いました。
あとは仲良くいただきますをして、取り留めのない雑談を楽しみました。
僕が夢の話をすることは、もうありませんでした。



その日起こったことは、これですべてです。
数年たった今でも姉とは仲良くやっていて、ほかにもいろいろとあったのですが、
なかでもこの出来事が気になっているのは確かです。

夢と現実の境なく、あらゆる記憶を述懐しただけなのでとてもわかりづらい文章
になりました、申し訳ありません。
怖いサイト.com
ベストヒットナビ
感想・雑談はコチラ
もっと探す@AB
[戻る]
- mono space -