侵入者

773 本当にあった怖い名無し sage New! 2006/03/17(金) 07:34:33 ID:2uH8pnaOO

帰り道、道端に子供のウサギや犬がビニール袋に入れて捨ててあった。雨がどしゃ降りだった。
少し構ってそのまま放置して家に到着。
「アレ?カギが開いてる」
昨夜は友達を呼びパーティーをしていた。
みんなはまだ寝ていたがオレは朝早く出かけた為、カギが開けっ放しだったのだ。

家に入ると誰もいない。多少散らかっていたが気にしなかった。
疲れていたので寝ようと思いベットで横になるとカーテンから誰かのケツだけが見える。
しゃがんで隠れているようだがケツだけはみ出ている。

オレは枕元にあるガラスの灰皿を手に取り体を起こした。
するとカーテンから出てきた。
友達にそっくりだがどこか違う男と、無表情な女の二人だ。

男は普通に話し掛けてきたが、オレは「誰だテメーッ!!」 かなり興奮していた。
男は表情が変わり足元にあったカバンからナイフのような物を出そうとしてる。

今しかないと思いベットの上からジャンプしながら灰皿で思いっきり頭をブッ叩いた。
しかし、首は下に曲がっているものの、そのまま立っている。

動揺していると右腕を捕まれた。
「殺されるっ」と思ったが、男は軽くナイフでオレの指を切ってくるだけだった。

そして「コピーを取るから誰でもいいから連れて来い」と言った。
意味は分からなかったが「分かった」と答えた。すると腕を離した。横の女がカバンをあさってる。
今度は日本刀のような物を出して男に渡している。男はソレを眺めている。

最後のチャンスだと思い灰皿で、今度は顔面をぶん殴った。今回は効いたらしく顔を抑えている。
日本刀を奪い、男の腹に突き刺さした。男の表情は更に曇った。女を見ると拳銃をこちらに向けていた・・・・
怖いサイト.com
ベストヒットナビ
感想・雑談はコチラ
もっと探す@AB
[戻る]
- mono space -