四角い部屋A

「なあ、謎解きしたいんだろ? 取り合えず一番上行こうぜ。それで解決するかもだろ?」
ユウキは僕の言葉を聞き、口をポカンと開け、呆けた。
「お前、頭良いな」
誰でも考え付きそうなものだが、お馬鹿なユウキ君は考え付かなかったようだ。
こいつジャニーズの高学歴アイドルに似てるのに天然だったのか、知らなかった。
しかし、頭が良いと言われてちょっと嬉しくなる僕もまた、頭が悪いのだろう。

最上階に着く。居住用の部屋のドアが通路の壁に均等に並んでいるだけだ。
天井の蛍光灯がパチパチ音を立て切れかけているのが少し怖い。
だが、通路が四角くもなければ、トワイライトゾーンに繋がっているわけでもない。
きっとこのエレベーターの怪談を知る者は、一階のエレベーターで悪戦苦闘して先に進めず……。そうか、何となく分かった。

「なあユウキ。俺、分かっちゃったんだけど」
一階に戻り、小学生のようにエレベーターのボタンを連打するユウキ。見ていて滑稽だ。
「うるさい。今忙しい」
イライラが伝染する。冷たく言う一言に、カチンと来る。
「ねえもう帰っていい? 僕疲れちゃったよ。主に精神面で」
「はあ!? ふざけんな! 俺と一緒に謎解くって言ったじゃねーか!」
いや言ってないし。何熱くなってんだよ。
「もういいよぉ、飽きたよぉ」
「帰るんなら帰れよ! マジむかつくわリョウ。お前ぜってえ後悔させてやるからな」
おお、こわ。それじゃあお言葉に甘えて帰らせていただきます。

クルマに乗り込んだのはいいが、帰りアイツ足どうするんだろ? という素朴な疑問と罪悪感が生まれた。どうやら先ほどは僕も熱くなっていたらしい。売り言葉に買い言葉だ。ちょっとだけ待ってやるか。

prrrrr
「もし。リョウ今どこだ?」
ガクトさんからだ。
「お疲れ様です! まだ近くにいます。何かありましたか?」
「ちょっとお客さんの相手してくれね? 俺もう寝たい」
「了解です! すぐそっち行きます」
「ユウキもいるか?」
「今ちょっといないですけど、連れて行きます」
「頼む。早めにな」
先ほどのクサクサした気分とは一転、楽しくなってきた。
早くユウキを連れてピンク色のパーティーへと行こう、そんなことを考えながらユウキへと電話する。

「もしもーし、まだやってるのか? ガクトさんからお呼び出しだ、行くぞ」
「……マジかよ、分かった。……あ! 点いた!」
「え? 点いたの? でももうダメ。ガクトさんの言うことに逆らうなんて健全な男子の僕には出来ないわ」
「あとちょっとだけ待っててくれ。頼む」
「ムリ。早くこっち来い」
「ちょっとだから、すぐに終わる」
「あのさあ言いたくないけど、それお前ハメられてんだよ。元々成功するはずないんだ。その怪談は――」
僕は、その怪談のカラクリを教えてやった。
一階のボタンが点灯した理由は分からないが、普通は到着階に着いたエレベーターのボタンの点灯は消える。
それが到着した合図だから、むしろエレベーターの設計上そうならなければならない。
全てが点灯した状態でどこかの階になどいけない。
少なくとも一つはボタンの光は消えている状態になっている。
動いている最中に押せば出来るが、それだと怪談のルールを破るし、そもそも降りるべき最上階に着いたら消えてしまう。
だから、最初から出来ないことを前提とした怪談で、出来たら不思議な何かがあるかもっていうオチ。

「…不思議な何かって何だよ」
「知らないし。何かがあるっていうのを考える怪談なんだから、答えはないんだよ」
「じゃあ、シュンさんはどこに行ったんだよ!?」
「誰だよ。ほら、ガクトさん待たせてんだから早く」
「っざけんな! 何で誰も覚えてねえんだよ!? ナンバー2のシュンさんだよ! 俺の派閥の親だよ!!」
「はぁ? 何言ってんだ? ナンバー2はマキさんだろ? 結構前から」
尋常でない取り乱し方に、僕はマンションに向かう。電話は繋がったままだ。

「大体、お前らに四角い部屋の話をしたのもシュンさんだろぉが!? 四月に、ガクトさん派とマキさん派とフリーのお前を含めて、ノルマ持ち合いの会議しただろ!? その席の雑談で四角い部屋の話しただろ?」
「おいおい、落ち着けって。何の話か分からないぞ。四角い部屋は今日初めて聞いたぞ」
確かに四月に会議をした記憶はある。
派閥間でノルマを分配し合うことにより、ノルマを達成できないという給金に影響を与えるリスクを減らすのだ。もちろん、提供できる余裕ノルマがある派閥の発言力が強い。そしてそれは大体の場面でガクト派だったりする。
派閥間ではこれで貸しを作ったりする。派閥の親は、派閥管理のためにも使う。
季節的理由で避けられない人員変動や、予見できない急な用事の時が重なった時に役に立つ。

「じゃあ何で今日俺がガクトさんと一緒にいたのか、説明できるか?」
「それはお前……」
何でだ? そういえば何でユウキはガクトさん派になったんだ? 揉め事起こしたわけでも、拾われたわけでもない。
俺は良い。各派閥に影響力のある強力なコネを持っているから基本的に派閥間移動はフリーだ。ちょっかい出してくるヤツは表立ってはいない。今日のような催しも招待される。
しかし、ガクトさんの派閥に入って日が浅いはずのコネもないユウキが、何故プライベートに近いこんなイベントに参加できるのか。確か、確か、確か。

「答えられないのか? 教えてやるよ。それが四角い部屋の謎だ。俺はガクト派になった覚えはねえ。入店してからずっとシュンさん派だ。だけど、今の俺は何故かガクト派だ。説明できる理由がねえ。それを誰も不思議に思わねえ。矛盾だらけなんだよ。シュンさんが四角い部屋に向かってから。だから俺も行く。行って四角い部屋の謎を解く」

「おい、聞いてるか? リョウ? 今八階だ。もうすぐシュンさんを助けられる。よっと、これであと一階」
「待て、言ってる意味が分からない。取り合えず戻れ、もっとちゃんと説明してくれないと分からない。シュンって誰だ? 何でその人が四角い部屋に行くことになったんだ? 何でシュンって人が四角い部屋に行ったこと知ってるんだ?」
「もうちょっと待ってろ、もう着く。よし」
「おい!? 止めろ!!」
「……くそ、完全ってこういうことかよ。確かにカンゼ――」
「おい!? 返事しろ! 冗談にしてはタチがわりぃぞ!!!」
 
ユウキの電話が切れた。いや、切れていない。
電話を掛けてすらいない。音がなくなっただけだ。
通信が切れた後の音や、通話時間を示すものもない。ただの待ち受け画面になっている。
リダイヤルのページを開いても、僕が最後に電話を掛けたのはガクトさんになっている。
掛かってきたのもガクトさん。
電話帳にもメール受信・送信欄にもユウキの名前はなかった。
何だこれは。

マンションに到着する。急いでボタンを押す。
チンと音を立てドアが開くと、中の蛍光灯が、点いた。
エレベーターには誰も乗っていなかった。

prr
ガクトさんだ。
「はい」
「おう、ついでに箱ティッシュとペリエ買ってきてよ」
「すいません。ユウキと連絡が取れなくなってしまって」
「ん? ユウキ? 誰?」
「え……。いや、今日一緒に……」
「何? 遅いと思ってたら知り合いにでもあったのか。いーよいーよ。友達は大切にしな。だけど上司にもちょっぴり優しくしてくれると、睡眠時間と共に君への感謝が増える」
「ガクトさん、あの、シュンって人知ってますか?」
「誰? 同業?」
「いや、知らないならいいです」
「じゃ、頼んだ」
「すいません! あと一つ! 四角い部屋って知ってますかっ!?」
「おいうるせぇって。眠いんだから耳元で叫ばないでくれよ。四角い部屋? はあ? 部屋なんて大概四角だろ? なぞなぞ?」
「いや、完全に四角い部屋です」
「何だよ、その完全な四角って。意味わかんねえ。いいから早く来いよ、お待ちかねだぞお姉さま方」
その声と共に、リョウちゃ〜ん、と甘い声が複数響く。


しかし、心は躍らなかった。
怖いサイト.com
ベストヒットナビ
感想・雑談はコチラ
もっと探す@AB
[戻る]
- mono space -