賭け@

先輩と、その幼馴染との話を。

僕にはアルバイトの斡旋をしてくれた先輩がいる。
そしてその先輩には幼馴染がいる。
笑うとえくぼの出来る可愛い女の子で、昔結婚の約束をしていた。

……とかだったら、心躍る話だ。

残念ながら、彼らにそんな関係は皆無だ。
彼は「広域に指定される粗暴な団体の方々」の使い走りをしていた。
便宜上、彼を「パシリ」と呼ぶことにする。

彼は先輩の幼馴染と言うだけあって、性格もとても良く似ていた。
いわれの無いバトルに何度も巻き込まれた。

「第一回チキチキどっちが痛いでショー」

「は? 何すか?」

ばちこん! デコピンとは思えない音。
頭蓋骨に伝わる衝撃波。
首が?
何で首が痛い!

「いった! 何すんすか!?」

「じゃあ次オレー」

がっつん!
何こいつら?
ホントに人間?
あ、ミキって音なった。
絶対穴あいた。
もれる。
僕の数少ない貴重な脳みそが。

彼らのデコピンはボールペンをへし折る威力だ。
僕なんか両手じゃないとムリだ。
いやいや、ボールペンは折るもんじゃない。

結局、「第一回チキチキどっちのデコピンが痛いでショー」は、僕が土下座することによって平和的解決を迎えた。

いつの世も
弱者が被る
罪と罰

心の俳句でも詠まなきゃやってられない。

話がそれまくってしまった。
申し訳ない、本題に戻す。

それはあるファミレスでご飯を食べていた時の話だ。

「オレ霊感あんだよ」

パシリさんが自慢げに話しだした。

ちょっと待って!
先輩の前で霊感なんてオカルティックなこと言わないで!

「そうなんすか? 僕そういうの良く分かんないです」

「幽霊とかすっげえくっきり見えんのよ」

「へえ。それより先輩クルマそろそろ車検やばくないっすか?」

話を逸らすのに必死になる。
先輩は超がつくほどのリアリストだ。
幽霊の存在など絶対に認めない。
幽霊が見えるのは病気かイケナイお薬のせいだと言って憚らない。
パシリさん、せめて僕がいないときにしてくれ。

「何? 幽霊信じてるのお前?」

やばい。
しっかり火がついてる。
戦争だ。
大怪獣二匹による戦争が始まる。
逃げろ!
しかし回りこまれてしまった!

「おお、お前興味あんの?」

「ガキじゃねーんだから、いつまでもそんなこと言ってんじゃねーよ」

「見えねえヤツにはこの辛さが分からねえんだよなあ」

「全然辛そうに見えねえっての。何? 金縛りとかあっちゃうわけ?」

「ばっか。そんなんフツーだって。一週間前なんて落ち武者の霊に殺されかけたもん、ほらこの傷」

そう言ってパシリさんは腕にうっすらと出来た傷というよりミミズ腫れを見せる。
言っちゃ悪いが、幽霊による傷とは思えない。

「これ、刀傷なんすか?」

「刀じゃなくて槍だったな。馬に乗ってた」

「あのさあ、じゃあ馬の幽霊も一緒だったってこと?」

「知らねーよ。そうなんじゃないの? いやあ、ギリカウンターが入らなかったらやられてたね」

「お前、幽霊殴れんのかよ」

「殴れねーなら、どうやって退治すんだよ」

もう、お互い何を言っているのか分かっていないんだろう。
端から見てると頭がおかしい人たちみたいだ。
僕たちが頭がおかしくないとは言えないが。

「じゃあ聞くけど――」
――お前エネルギーって言葉、知ってるか?
その落ち武者とやらがいたとして、何百年前の人間だ?
その幽霊とやらが本当にいたとして、そいつのガソリンは一体何だ?
エネルギーが切れたらどんな生物も動くことはできねえんだよ。
ほとんどの生き物はタンパク質か糖分で外殻が構成されてるんだけど、幽霊の構成物質はなんなんだよ。
言ってみろよ。
主成分をよ。
あ、幽霊は動けるのに動物じゃねえのか。
わりいわりい。
もし幽霊なんてモンが本当にいたとしたら、ノーベル賞物だよ。
だってほぼ永久機関だろ。
何百年前の人間の思念がその形態を変えず、未だに存在し続ける。
しかも、しかもだ。
お前に傷を負わせるんだもんなあ。
物理的な干渉が可能なわけだ。
電力会社にでも売り込めば、億万長者間違いないぞ。
原子力エネルギーなんかよりよっぽどクリーンだ。
国中、いや世界中の環境保護団体がお前を支援してくれるぞ。
よかったな。
ホントにいるなら何で誰も研究しねえんだろうなあ。
幽霊信じていない俺にはさっぱりワカンネエヨ。

「はいはい。大学生は賢う御座いますね。だがな――」
――誰がそんな言葉で納得するかよ。
あのな、幽霊がいないって言ってるヤツは根本が間違ってる。
メリットだけを探そうとしてんだ。
こんな話知ってるか?
死後の世界が「ある」か「ない」かをギャンブラーが賭けたんだとよ。
そいつは「ない」方に賭けた。
だけどな、「ある」方にかけた方が「ない」方にかけた方よりはるかに得なんだ。
なんでか?
それは「ある」方に賭けて外れても失うものがない。
ただ死ぬだけだ。
だが、「ない」方に賭けてみろよ。
「ある」場合は負けて、「ない」場合もただ死ぬだけなんだ。
元々得るものがゼロならマイナスが少ない方がハッピーなんだよ。
お前の大好きなリスクヘッジってヤツだ。
また一つ賢くなったな。
おめでとよ。
もちろんメリットもある。
いつか昔に死んだ人間に会えるかもしれないという希望があるだろ?
希望が生活に必要ないのか?
いるならハッピーそれでいいじゃねえか。
人間に生まれたくせに、感傷をムシすることがそもそも間違ってんだよ。
幽霊を信じることが悪いって意見のほとんどは詐欺とかの霊感商法だろ?
それは騙す方が悪いんだ。
だが、幽霊そのものが悪いって否定し切れてねえんだよ。
それともアレか?
殺人事件に使われた包丁。
それを作った会社も、訴えられなくちゃいけねえってのか?

「「おい、マサシ。どっちが正しい?」」

うーん。
よくペラペラと口が回るものだな。
この人たちに見つめられて言われる状況。
支離滅裂なことなのにどちらもそれっぽいことを言っているように聞こえる。
そしてどちらか一方に肩入れすることは死を意味する。
もちろん僕の死だ。

「そうですね。でも正直、いてもいなくてもどっちでもいいじゃないですか」

「そういう問題じゃねえ!」

「こいつムカつくんだよ!」

ああ、ケンカしたいだけなんですね。わかります。


そんじゃ俺たちも賭けるか?
そう言って先輩はとある名称を口にする。
この界隈では結構有名な「お風呂」屋だ。

「そこの子、知り合いなんだわ」

「やりますね。ナンパですか?」

「ナンパじゃない。この前、俺警察呼ばれたろ?」

「ああ、ホームレスのっすか?」

「そう。ギャラリーの中で一番最初に警察に連絡してくれたのがその子。風俗嬢って何か優しいよな。で、そのきっかけで仲良くなった」

「話が見えねえ」

「その子、自称見える女なんだよ。で、お前の言う零能力? 霊能力? それで幽霊の特徴を当てようぜ。お互いが同じこと言ったら、キャバクラでも何でもおごってやるよ」

「おお。のった。オレの力見せてやるよ。クリュグ出す店知ってんだわ。預金残高確認しとけや」

意外なことにパシリさんは乗り気だった。
こういう自称見える人は、他の見える人との接触を嫌うものだと思っていたからだ。

それでその話は一応の決着となった。
こういうノリだけのケンカというのは得てして自然消滅するものである。
大体一晩たつとケンカの存在自体が無かったことになることしばしだ。
僕はそう思っていた。


二週間も経ってから先輩から呼び出しをもらう。
非常に珍しいことにその電話は昼にあった。

「おう。あれやるぞ。幽霊の賭け」

「ああ、あれっすか。ホントにやるんですか? 僕今日バイトですよ」

「何か今日じゃないといけないんだと。ツキがどうとか。クルマが電気で走る時代に何言ってんだよな。運に左右される現象って何なんだよ」

「あー、僕も行かなきゃダメですか?」

「別に来なくても良いけど?」

「すみません。バイト当日休みは罰金なんで、今日パスで」

「……ベツニコナクテモイイケド?」

「楽しみだなぁ……何時でしょうか……はぁ……」

「七時だとよ。もし遅れたら罰金な」

この催しも罰金で済ませてくれるのならば、全く問題なく休むのだが。


七時。
15分も前に来たのに結局遅く来たのは先輩たちだった。
彼ら三人は連れ立って集合場所に来た。

「こんばんわぁサオリでーす」

先輩の隣にいる小柄な女の人が「自称」見える人なのだろう。
オカルトのオの字も連想できない。
非常に露出が多いパステルな夏服を着た女の人だった。
スカートの裾がヒラヒラと心許ない。

賭けAへ続く
怖いサイト.com
ベストヒットナビ
感想・雑談はコチラ
もっと探す@AB
[戻る]
- mono space -