先輩とハナヤマ

230 :稲男 ◆W8nV3n4fZ. :2010/10/19(火) 18:00:25 ID:jDCroxPj0
中学の頃からの同級生に、ハナヤマというヤツがいる。
あれは先輩と会ってすぐのことだ。
高校に入っても同じクラスになったハナヤマが、ある日急に話しかけてきた。
「なあ、お前最近三年に仲いい先輩いるよな。アレ、なんだよ」
その頃俺はその先輩の魅力に、いや魔力に惹かれていて、ことあるごとにくっついて動いていたのだが、それをこいつに見られていたらしい。
「ああ、あの人ね。オカルトにすげえ強い人。俺の師匠みたいなもん」
ハナヤマは中学の時の俺を知っている。
というか、ハナヤマも当時の俺と同じくオカルトマニアだった。
競うように知識を掻き集め、二人でいろんなところに行った。
ハナヤマはへぇーと驚いた顔をして言った。
「お前よりオカルト詳しい人とかいるんだな。ちょっと話してみたいんだけどいいかな」

「と、いうようなことが昼間ありまして」
先輩はどこから持ってきたのか錆びた釘を眺めていた。
「何の話だろうな」
先輩は休み時間や放課後を図書室で過ごす。
俺はそれを知っていたから、ハナヤマに放課後図書室に来いと言っておいた。
何やら用事があるらしいハナヤマはしばらくしてから来るということだった。
「その、ハナヤマは何部なんだ。部活じゃないのか」
「帰宅部です。俺と同じ」
へぇ、と言ってまた釘を眺める。
図書室の利用者は少ない。
俺と先輩、二年の人が一人、それから図書委員が一人。
図書室で騒ぐことになるとまずいのだが、先輩がここを動こうとしないので場所の移動は不可能だった。
黙って釘を見つめたまま何も喋らない先輩。
曰く付きの品なのかな、と思って目を閉じてみる。
以前知った方法で、普通に見ても見えない物を見るときは瞼に残る残像を見ればいいのだ。
この方法なら、感覚の鈍い俺でもある程度は見えるのだった。
瞼の裏にぼんやりと先輩の指と釘のシルエットが映ったが、特におかしな物は見えなかった。
また、無言。
微妙に気まずい時間が流れていく。


231 :稲男 ◆W8nV3n4fZ. :2010/10/19(火) 18:02:54 ID:jDCroxPj0
不意に、扉が開いた音がして、背後を振り返ると入り口にハナヤマがいた。
「あ・・・・・・」
と言って先輩を見たハナヤマの、目と口が大きく開かれる。
俺より遅れて気付いた師匠がハナヤマに目線をやった時、そのリアクションを見て動いた。
ガタッと音をさせながら立ち上がり、ハナヤマを見つめている。
その目は、初めて会った時俺に向けたのと同じ、喜びに溢れた目をしていた。
「おい、あいつか。あれがハナヤマか」
先輩がうずうずした様子で聞いてくる。
ハナヤマは未だ固まっている。
俺は状況に戸惑いながら、はい。とだけ言った。
「場所を移そう。ハナヤマを案内してくれ。俺のアパートだ」
そういって、固まったままのハナヤマの横を通って図書室を出て行った。
俺がぽかんとしていると、金縛りから解放されたハナヤマが俺の所に歩いてきた。
「なんだあの人。お前あんなのと会っててなんともないのか」
第一声が『なんだあの人』だった。
あの人がどういう人なのか、実際は俺にもわかっていない。
「まあ、とにかく話がしたいらしいから、ちょっと先輩のアパート行こう。一人暮らししてんだあの人」
あ、おう。と頷いたのを確認して連れ立って図書室を出る。
自転車置き場に向かい、自転車に乗り、先輩のアパートに着くまで、ハナヤマはずっと無言だった。


232 :稲男 ◆W8nV3n4fZ. :2010/10/19(火) 18:05:17 ID:jDCroxPj0
これから先の事はわからない。
というのも、俺はアパートに着くなり待ち構えてた先輩に
「お前、もういいから。帰れ。二人で話がしたい」
と追い返されたのだ。
初対面の男と二人にするのも不安だったし、なにより話が聞きたかったから食い下がったのだが、ハナヤマにまで帰れと言われたので半分ふてくされてそのまま家に帰ってしまったわけだ。
「あの後何の話したんですか」
翌日、登校するなり三年の教室に行って、先輩に詰め寄った。
先輩はにやけながら
「別に。あの釘に憑いてた物が見えるのかどうか確認しただけ。あいつすごいぞ。多分お前より才能がある」
などと言った。
全く理解できずにいる俺に追い討ちをかけるように先輩は言う。
「うちにあった物の大半も理解できたみたいだった。彼女、いつかぶっ壊れるかもな。出来すぎだ。見ててやれよ」
先輩の部屋には、俺なんかには理解の及ばないアイテムが多数ある。
どれも曰く付き、呪物とも言うべきモノなのだが、俺程度の霊感では何も感じることが出来ないほど高等な物なのだ。
「え、じゃあ、え?」
戸惑う俺を見て、先輩は笑った。
「お前が知識とハッタリを詰め込んでた頃、あいつは本物を見てたんだよ」
なんてこった。
中学の頃からの同級生、高校でも同じクラスになったハナヤマ。
言葉遣いも、オカルトマニアなのも、妙なことがかっこいいと思えて仕方ない病気の一部だと思っていたのに。
少なくともオカルトに関して、ハナヤマは、本物だった。
「マジかよ・・・・・・」
俺の呟きに、先輩はまた笑った。
「まあ、面白さはお前が上だ。あいつは俺に似てるから」
俺はなんだか、すごく悔しかった。

先輩とハナヤマ 終
怖いサイト.com
ベストヒットナビ
感想・雑談はコチラ
もっと探す@AB
[戻る]
- mono space -