少女

1/5
あるところに少女がいた。
少女は公園で、いつも1人で遊んでいた。
公園で遊んでいる他の子供たちは、少女にはあまり近寄らなかった。
子供ながらに謎めいた雰囲気を持つ少女には、誰もが、子供たちの親でさえ、近寄り難かった。
少女は美しかった。

中には少女と仲良くなろうという子供も居た。
ある少年が少女に話しかけた。
「どこに住んでいるの?いくつ?どこの学校に行っているの?」
少女は答えた。
ここから少し歩いた所にある家に住んでいること、先月9歳になったこと、学校には行っていないこと。
少女は少し寂しそうな顔をした。魅惑的な表情だった。
少年は赤くなった。なぜか、胸が心地よく締め付けられた。

2/5
少女は、少年が通っている学校の、どんな女の子とも違った。
公園で遊んでいる、他の女の子とも違った。
一言で言えば、大人だった。
身なりがよかった。礼儀正しかった。そして何より、子供とは思えぬ気品があった。少女はあまり気付かれない程度に、軽く化粧をしていた。とても良い香りがした。
「名前、なんていうの?おれ、健太」
「優理」
「ゆうりちゃん、か」
「けんた君、ね。優理、お友達ができてうれしい」
少女はうれしそうに微笑んだ。とても可愛らしい笑顔だ。

3/5
少年は少女を家に誘った。
楽しいゲームがある、マンガがある。美味しいお菓子がある。
しかし少女はまた寂しそうな顔をした。
「ごめんね。優理、他の子のお家に行くとパパに怒られるの」
「えー変なのー。そうかー、厳しいパパなの?」
「うん…。パパ、優理のことすぐ怒るの…」
「ママは?ママも怒るの?」
「…優理のママ、お家にはいないの。天国にいるんだよ、ってパパが言ってた」
少年は同情した。ママがいない、というのはちゃんと理解できなかったが、
すぐ怒る怖いパパと2人きりで暮らしている、というのが可哀想に思えた。
しかし少年には何と言ったらいいか分からなかった。
すると少女は言った。
「ねぇ、けんた君。うちに遊びに来ない?」
「え、いいの?」
誘いに喜ぶ少年。
「うん。今からでも良い?そろそろ暗くなるかも知れないけど…」

4/5
時刻は17時をすこし回っていた。気付けば、公園には誰も居ない。
本来なら家に帰る時間。しかしここで誘いを断る訳はなかった。
自宅の電話番号は覚えている。少女の家からでも電話をさせてもらえばいい、と少年は考えた。
「平気だよ。すこしくらい遅くなっても、大丈夫」
「良かったぁ。じゃあ、行こー」
こうして2人は少女の家に向かった。

15分ほど歩き、辺りが徐々に暗くなり始めてきた頃、少女の家に着いた。
少年は驚く。そこはとても立派な洋館であった。
表札にはローマ字で名前が書いてあった。少年には読むことが出来なかったが、そこには[TERASAKA]と書いてあった。

「うわぁ〜。すごいな〜。ゆうりちゃん、ここに住んでるんだ〜」
「うんー」
少女が玄関のカギを開けて中に入る。
中はすこし薄暗かった。そしてどことなく…陰鬱な空気が流れていた。
しかし少年はまったく気にしなかった。
そこら中に飾ってある珍しい装飾品の数々に、少年の心は奪われていた。

5/5
少女は、館の一番奥の部屋を目指す。
廊下の突き当たり。重そうな扉の前に着いた。
「ここがゆうりちゃんのお部屋?」
「ううん。ここは、パパがお仕事しているお部屋」
「パパの?」
パパに挨拶ってことなのかな?こういうときは、おじゃまします、って言うのだったけな。少年は考える。
重い扉を開けながら、優理は言う。

「パパ、また連れてきたよー」

そして健太くんは、私の部屋に入ってきた。

食事を終えて、私の可愛い優理は、部屋に戻っていった。
美味しかったね、優理。ちゃんと歯を磨いて寝るんだよ。
また、連れておいで。
怖いサイト.com
ベストヒットナビ
感想・雑談はコチラ
もっと探す@AB
[戻る]
- mono space -