正しい除霊@

1/13
佳澄の件から数日経ったある日、私の家にいつもの3人――古乃羽、雨月君、北上が訪ねてくる。
そこで雨月君が、事の顛末を話してくれた。

私も古乃羽も佳澄には危険な目に合わされた訳だが、話を聞くと、少し複雑な気分になる。
私「それで、その人形を牧村さんの家に持っていったのね」
雨月「あぁ。お婆さんも人形を見て、ごめんねごめんね、って…ちょっと気の毒だったよ」
古乃羽「…でも、きっとそれで良かったんだと思うよ」
涙を拭きながら言う古乃羽。彼女はこの手の話に、めっぽう弱い。

北上「あぁ、あの婆さんがなぁ…。でも可哀想になぁ…夏美さん。あの世で幸せになって欲しいなぁ…」
北上も涙もろいようだ。何でも、牧村のお婆さんと面識があるらしく、以前、古乃羽達を助けるのに、力になってくれたという。

古乃羽「そうだね、きっと幸せに…佳澄と仲良くやっているといいね…」
北上「うんうん…」
慰めあう二人。何だか珍しい組み合わせだ。

2/13
ひとしきり話も終わり、しんみりとした空気が流れていたが、
私が何となくチラシ(「チラシお断り」と書いておいても、郵便受けにいつも貯まるチラシ!)の整理をしていると、古乃羽が何かを見つけて、こう言った。
古乃羽「あ、これ…どう思う?私の家にも、よく来るの」
私「ん?」
見ると、それは「往来会」とかいう団体からのものだった。

北上「どれ?…あぁ、うちにもくるよ。"霊に関する事なら何でもご相談ください"って奴ね」
古乃羽「何だか怪しいよね…コレ。何かの宗教なのかなぁ」
私「こういうのが、そんなに流行るとも思えないけどねぇ。何か詐欺っぽいし」
北上「除霊しますとか言って、とんでもない金額請求してきそうだな」
私「そうそう。あなたは悪い霊に取り憑かれています、とか言ってね」

ちょっと怪しむ私たち。しかしそこで、雨月君が意外な事を言う。
雨月「…そうでもないらしいよ」
北上「え?」
古乃羽「知っているの?これ」
雨月「あぁ、ちょっとね。姉貴から聞いた話だけど」
私「へぇ、舞さんがねぇ…」
古乃羽「どんなこと?」
古乃羽の目が輝く。この子はまったく、舞さん絡みの話となると…。
雨月「そこに何か依頼したとかじゃなくて、その会から派遣されました、って人に偶然会ったらしいんだ」

そう言って、雨月君は話を始めた。

3/13
雨月「ある日、姉貴は除霊活動の一環で、とある家を訪ねたんだって」
北上「ほぉ…」
私「いきなり除霊活動で、って聞くと、なんだか舞さんの方が怪しく思われそうね…」
雨月「俺もそう思う…けど、結構受け入れてくれるらしいよ。本当に霊が居て、それで困っている所を訪ねる訳だしね」
古乃羽「舞さんの人柄なら、平気だと思う」
古乃羽様、心酔しすぎです。…実際には、そうかも知れないけど。

雨月「訪ねた先は、ある小学生の男の子の家で、父親が単身赴任中で、母親と2人暮らし。あとペットに犬が一匹居る、っていうとこでね」
まぁ、普通の家庭だ。
雨月「そこを訪ねたとき、丁度その往来会から来た、っていう男の人が居たらしいんだ」
北上「へぇ。かぶった訳か」
雨月「そそ。姉貴の方は、アポとか取らないからさ。会の人は、ちゃんと依頼されて来ていたらしいよ」
私「それで?」

雨月「どうしようか迷ったけど、向こうの人が見ていきなさい、って言うから、姉貴は除霊を見させて貰うことにしたんだってさ」
古乃羽「ふーん…自信あるのね」
上からの物言いが、古乃羽には少しカチンときたみたいだ。

4/13
私「その男の人って、どんな人だったのかな」
雨月「えーっと…30過ぎくらいの、スーツを着た人。眼鏡を掛けた真面目そうな人だった、って言っていたよ」
北上「スーツ姿で除霊とは…新しいな」
古乃羽「ね、意外」

雨月「で、そこの母親の話では、数日前から息子の様子がおかしい、ってことでね。何かこう、変なものが見えるって言い出したり、突然奇声を上げたり…」
北上「…頭の病気とは考えなかったのかな」
雨月「それが、母親がちょっとオカルト好きな人らしくて…病気じゃなくて、これは悪い霊のせいだ、て考えたらしいよ」
私「うわ…」
本当に病気だったら、どうするのだろう?子供としては、たまったものじゃない。
これはこれで、怖い話に思える。

雨月「とにかくそれで、家に来ていたチラシを見て、相談したってことらしい。取り敢えず一回…ってね」
北上「ふむ…」

雨月「で、いざ母親に連れられて、その男と姉貴の3人で息子の部屋に行ったんだ」
古乃羽「うん」
雨月「部屋に入ると、その子は1人でゲームして遊んでいたらしい。でも、一目で分かったってさ。あぁ、これは何か憑いているな、って」
北上「お姉さんが気になって訪ねたなら、そうなんだろうな」

雨月「そこで男も気付いたらしい。これは危険ですね、と。それで、早速始めますから少し下がっていてくださいと言われて、母親と姉貴は部屋の入口まで下がったんだ」

5/13
古乃羽「その人も、普通に分かる人だったのね」
雨月「あぁ。ちゃんと霊感もあるし、普通に除霊もできるでしょうね、って姉貴は言っていたよ」
古乃羽「ふーん…」
少しつまらなそうにする古乃羽。
きっと古乃羽的には、その男がまったくの素人で、舞さんが代わりに…みたいな展開を望んでいたのだろう。

雨月「その子は、何の用だろう?って感じでこちらを見ている。そこに男が、適当に挨拶しながら歩み寄っていく」
北上「うんうん」
雨月「で、すぐ傍まで近寄ったところで、突然その子からガクンと力が抜けて、身体から白いモヤモヤが出てきたんだってさ」
私「取り憑いている何かね」
雨月「うん。姉貴もそう言っていた。それを見て、男もサッと身構える」
北上「で、何か必殺技でも出したか」
雨月「…」
古乃羽「…」
私「…バカ」
北上「…ごめん」

雨月「で…その時だな、飼っている犬…室内犬なんだが、これが駆け込んできて、ソレに向かって吠え出したんだ」
古乃羽「そういうのが分かる犬って、居るみたいよね」
雨月「あぁ。でも子供に飛び掛ったら危ないからって言って、姉貴が抱きかかえていることにしたらしい」
北上「ふむ」

6/13
雨月「それで犬が大人しくなってから、モヤモヤと対峙した男は、懐からお札を取り出す」
北上「霊札ってやつか」
雨月「だな。それで、サッと近寄ると、素早くソレに貼り付けたんだ」
私「…モヤモヤでも貼れるのね」
雨月「まぁ、その辺はよく分からないけどさ。普通の、ただの紙切れじゃ無理だろうけどね」
古乃羽「それで?」

雨月「そうしたら、そのモヤモヤがパッと散開して…そのまま消えていったとさ」
私「あら…。あっけなく、除霊成功?」
雨月「成功だった、って言っていたよ」
北上「なんだ…やるじゃないか、往来会とやら」
古乃羽「意外だね…。ちゃんとした団体なんだなぁ」
北上「だなぁ。…でももしかしたら、凄い金額を請求されていたり…?」
雨月「それは分からないなぁ…。そこまでは聞いてないし、姉貴も聞かなかっただろうし」
北上「そりゃ、聞けないよな」

雨月君の話は、私たちにとっては意外な結末になった。
古乃羽は少しガッカリしている様子だ。まぁ、世の中に除霊ができる人というのは、舞さん以外にも沢山いるだろう。

…でも、何だろう。何か、話の中で引っ掛かるものがある――?

正しい除霊Aへ続く
怖いサイト.com
ベストヒットナビ
感想・雑談はコチラ
もっと探す@AB
[戻る]
- mono space -