扉(前)@

1/18
「おとうさーん、お茶入ったよぉー」

階下から真奈美の声がする。

私「あー。すぐ行くー」
書斎で作業をしていた私は、典型的な生返事をする。
今は最後のメモ書きをしているところだった。

…万が一のための、メモ。
私はそれを書斎机の一番上の引き出しに入れておく。
できるなら迷惑は掛けたくないが…仕方ない。他に手が無いのだ。

真奈美「おとうさんってば〜」
私「終わった終わったー。今行くよー」

再び真奈美に呼ばれ、私は書斎を出る。
そして1階に続く階段を降りながら…一度、振り向く。

書斎の扉。決して頑丈では無い、カギの付いてない、その扉。

…大丈夫。きっと、大丈夫だ。

2/18
真奈美「――でね、ハナったら、痩せるんだって言いながら、なーんにもしないのよ」
私「あぁ、あの子はいつも、元気だねぇ」

真奈美の昔からの親友である、ハナ――立花さん。
最近は会ってないが、相変わらず…恰幅が良いそうだ。

真奈美「元気一杯。それでね、私との体重差を減らすためにね、自分が痩せないで、私にもっと太れ、って言うんだから」
私「ハハハ…賢いな」

居間でお茶を飲みながら、台所で夕食の片付けをしている娘と会話をする。
会話の内容に、深い意味なんて無い。
ただ何でもないことでも、こうして話をしていられれば良い。
ずっとこうして、一緒に…

…でも、やはり言っておかなければならない。
この子の幸せだけが、私の望みだから。

私「――真奈美、ちょっといいか?」
真奈美「んー…?」

3/18
真奈美「なぁにー?」
洗い物をしながら応える真奈美。
私「ちょっと、こっちに」
真奈美「…はぁい」
そう言って、洗い物を中断し、エプロンで手を拭きながらやってくる。

真奈美「なぁに…?イヤな話でしょ」
探るような、警戒するような目でこちらを見ながら、椅子に座る真奈美。
私「真面目な話だよ」
真奈美「…はい」
背筋をピンと伸ばして、話を聞く体勢になる。

私「父さんの書斎机は分かるな?」
真奈美「うん。いつも掃除してるもの」
私「その一番上の引き出しに、メモ書きを入れておいた」
真奈美「…メモ?」
私「そこに、父さんの古い友人の電話番号が書いてある。何かあったらそこに電話するんだ」
真奈美「何かって…なに言ってるの?」
当然の疑問。だが、私は続ける。

4/18
私「携帯は持っているな?今も」
真奈美「持ってるけど…何で?」
私「あと、電話するときに…これは念のためだが、書斎の扉はしっかりと閉めること」
真奈美「ちょっと…何?」
私「カギは付いてないけど、ちゃんと閉めれば――」
真奈美「…ちょっと待ってってば!」

そう叫んで、立ち上がる真奈美。
初めて見た娘の剣幕に、ややたじろいでしまう。
…が、話を止める訳にもいかない。

私「座って、まずは話を聞くんだ」
真奈美「…イヤ。何言ってんのか分かんないもん」
私「座りなさい」
真奈美「…」
私「真奈美」
ムスッとした顔をして、大人しく座る真奈美。
私「いいか、もし――」
真奈美「…明日じゃだめ?」
私「…」
真奈美「明日なら、ちゃんと聞く…」

…あぁ、私は――

私「…ダメだ。今日、今、話をするよ」
そう言うと、真奈美が途端に泣きそうな顔になる。

5/18
真奈美「…最近、おかしかった話なの?」
私「ん…」
真奈美「アレでしょ?名刺…」
…流石に気付いていたか。
ここ最近、この子の前でも考え事をする事が多くなっていた。

私「あぁ、そうだよ」
真奈美「アレ…何なの?」
私「今、その事を調べて――」

ピンポーン

私「――っと…」
家のチャイムが鳴り、私は言葉を止める。話の腰を折られてしまった。
時計を見ると、時刻は21時過ぎだ。こんな時間に誰が?
真奈美「出てくるね」
私「あぁ…うん」

真奈美がパタパタとスリッパを鳴らして、玄関に掛けていく。
良い音だ。可愛らしい、幸せな音。
私はこれを守りたい。なんとしても…。

真奈美「おとうさーん」
玄関から私を呼ぶ声がする。
そして呼ばれるまま玄関に向かった私が見たのは、2人の訪問者――本部長と藤木の姿だった。

6/18
――
高城「こんばんは汐崎さん。お嬢さんも、はじめまして…夜分遅くにごめんなさいね」
藤木「こんばんは、部長」

訪問してきた2人に、居間に通ってもらう。
お父さんの紹介によると、2人は高城さんと藤木さん、というらしい。
そう紹介されて何より驚いたのは、高城さんが、お父さんの上司――本部長さんだということだった。

お父さんの上司ってことは、結構なお偉いさんの筈なのに…こんなに若いなんて。
それに凄く綺麗で…女の私から見ても、色気を感じてしまう。
顔は、ちょっと切れ長の目をした美人顔。
鼻の形がかっこよくて、羨ましいな。
ハナは可愛いって言ってくれるけど、私のちょっと丸い鼻とは大違いだ。

でも、一番羨ましいのは――そのスタイル。
足が長くて…出る所はすごく良く出ている。
スーツ姿でもあれだけの膨らみって事は、きっとサイズは…あわわ。
私じゃ足元にも及ばないや。
大きさだけなら、ハナは良い勝負かも…なんて言ったら、怒られそうだ。

お父さんたら、こんな人の下で働いていたんだ…と思い、父親を見てみると、何だか緊張した顔をしている。
それが綺麗な人を相手にしているからなのか、他の理由なのかは、その時は分からなかった。

7/18
藤木「良いお住まいですねぇ…」

お茶を飲みながら藤木という人が言う。
こっちは、無いかな。…いろんな意味で、無いや。
高城さんとの2ショットも、余りに似合わない。バランスが悪いよ。
お父さんの方が、絶対良い。2人でちょっと並んでみて欲しい――なんて思い、ふと考える。

…高城さんって何歳くらいなんだろ。
お父さんより一回りくらい下かな?
それくらいだったら、お父さん、ちょっと頑張って――

父「真奈美」
…と。ふと気付くと、台所に居た私のところに、お父さんが来ていた。
私「ん?今、お茶菓子持っていくよ」
父「いや…。アレはどこだっけな…っと」
お父さんは、何やら背後を…居間の2人を気にしながら喋る。
何だろ…?

父「…真奈美」
鋭く小さな声で囁く父。
私「なぁに…?」
その今までに無い雰囲気に、私はお茶菓子の容器を持ったまま、固まってしまう。

8/18
父「さっきの話、間に合って良かった。こんなに早くとは…」
私「…」
何だか、嫌な感じ。
凄く、何か…イヤ。

父「私の部屋で…分かったな?」
ボソボソと話す父。
明らかに、あの2人を警戒して喋っている。
私「…今なの?」
父「あぁ、今だ」
私「何で――」

高城「汐崎さん、どうぞお構いなく」
高城さんの声が聞こえる。
あの人たちが、何か…なの?
藤木って人はともかく、あの高城さんが変な事…悪い事?何か分からないけど、間違った事をするとは思えない。
…さっき会ったばかりの、私の勝手な印象だけど。

父「あぁ、いえ…はい」
お父さんはそう言いながら、私の手から容器を取り、運んでいく。
私「何でなの…?」
その背中にもう一度問い掛けるが、お父さんはそれを無視して、そのまま行ってしまった。

9/18
急に疎外感のようなものを感じてしまい、悲しくなってくる。
あんな態度、ひどいよ。ちょっと泣きそう…。

気持ちを紛らわすために洗い物の続きでもしてようかな…、と思ったけど、
それをすると、お父さんが困るだろうな。

そんな風に、困らせちゃいけない。
ちゃんと言う事、聞かないと。
お母さんに約束したもの。お父さんの言う事聞く、って…。

…よーし。
明日、ハナに思いっきり愚痴ってやるんだ。
お題は、「仕事にかまけて家庭を省みない父親」。これだ。
上司の、綺麗な女の人に誘惑されて…みたいなこと、言ってやる。
フンだ。しばらく、夕食をニガテな献立にしてやるんだから。

そんな事を思いながら、私はエプロンを外すと、
テーブルを囲んで話をしている3人を尻目に、ソソクサと居間を出て――

藤木「あぁ、真奈美ちゃん。ちょっといいかな」

という所で、呼び止められてしまった。

扉(前)Aへ続く
怖いサイト.com
ベストヒットナビ
感想・雑談はコチラ
もっと探す@AB
[戻る]
- mono space -