近所で仲の良い子

779 :本当にあった怖い名無し:2011/02/09(水) 14:37:15 ID:el1YIoQj0
ちっさい頃の思い出というか、まあ夢か何かなんだろうと思っている出来事。



まだ幼稚園生だったとき、近所で仲の良い子が居た。
男だったのか女だったのかも覚えてない。
ただ仲良しが近所にいたという事だけは覚えてる。

話は変わるが家の隣には大きな空き地があった。
空き地と言っても更地というわけじゃない。
林と言うか森というか、どこかジャングルのような雰囲気。
中央には大きな岩(当時の感覚としては岩山みたいなイメージだったけど、今からすると高さ3メートル前後かな)があった。
で、ちょっと不思議なのは乗用車が一台すっぽり入るぐらいの大きさ檻がいくつかあったという事。
なんでも昔は小さな動物公園?のような場所だったと後から聞いた覚えがある。
塀がやたら高かった事と入り口の門が校門のように大きく頑丈だった事からどこか不気味な雰囲気があった。
近所の子供達にとっては格好の遊び場になりそうなものだけど、蛇も結構出るという事で、あまり人が入り込むような事もなかった。

で、俺とその子は互いに空き地に隣接している家に住んでた。
自然と塀の前の道路(車なんてほぼ通らないような細い道だった)で遊ぶ事になる。
たまに近所の年上の幼馴染に誘われて空き地の門の隙間(小さい子供ならギリギリ通れる)から空き地の中に入ったりもしたけれど、特に何か起きた事はない。
まあ、一度だけその年上の幼馴染が岩に登ってる途中で落っこちて騒ぎになりかけたけど、周囲は草が生え放題だったので大した怪我もなく親に叱られるだけですんだ。


780 :本当にあった怖い名無し:2011/02/09(水) 14:38:53 ID:el1YIoQj0
そしてある日、その出来事が起こる。
俺とその子はいつものように遊んでいた。
その日は白墨で道路にいたずら書きをしていた。
と言っても何だか良く分からない棒人間だとか怪獣だとか、そんな他愛の無い絵だ。
ただ、気がつくと急に夕方になってた。今考えてみるとそんな時間じゃない筈なのに。
何故かその時は、頭の中はただひたすら「帰らないと」という考えで一杯だった。

そしてその子に別れを告げようとした時、それが起きた。
突然その子が空中に浮かび上がった。
俺は呆気に取られたというか、完全に思考停止してたんだと思う。怖さも不思議さも感じず、ただ眺めてた。
そしてそのままその子は一言も発する事無く、塀に溶け込むように消えた。
上手く表現できないんだが、塀が立体映像か何かだったみたいに何の抵抗も見せずにブロック塀の中に吸い込まれていったんだ。
でも何故かその時は「帰らないと」という考えが強くて、そのまま何も言わずに家に帰ろうとして、玄関先で気付いた。
まだ昼間の筈だって。
で、我に返ってみると実際に夕方じゃなくて真昼間なんだ。

子供心になんだかよく分からないなあと思いつつも、いつものように遊びに行こうとすると、急に怖くなった。
何が怖かったのかはよく分からない。
ただ、その後はその子の家にもいかなくなった。その子が遊びに来る事もなかった。
一年過ぎ、二年過ぎ、小学校に入る直前あたりでその子の家が引っ越した事を聞いた。
色々とおかしい。なぜ挨拶の一つも無かったのか。なんの話題にもならないのか。
今になって冷静に考えてみると、その子の存在自体が夢や妄想の類だったんだろう、と思う。

ちなみに今は塀の三面が取り壊され、空き地も整地されて二棟のアパートとその駐車場になってる。
ただ、何故かその子が吸い込まれた側の塀だけは今でも残ってる。
その事実だけがひっかかって、あの思い出がただの夢や妄想だと完全に思い切る事が出来ない。
怖いサイト.com
ベストヒットナビ
感想・雑談はコチラ
もっと探す@AB
[戻る]
- mono space -