グーニーズ

113 :本当にあった怖い名無し:2011/02/16(水) 21:03:37 ID:IsmQNR6y0
これだけ書くとアレな人だと思われそうなので怖い話を・・

まだ小学生5年生だった頃、俺はアホの子だったので
近所の友達を集めて「グーニーズ」という探検隊を結成していたりした

活動内容は森に秘密基地を作ったり、自宅(市営住宅)のベランダにダンボールハウスを作ったり
土建屋の親を持つ仲間がGETした棒でマンホールを開けてカマドウマ軍団にマジ泣きしたり

そんな昭和62年当時は近所に廃工場や廃屋が結構な数放置されていた
急速に森が住宅分譲地になり、秘密基地も夏休みを待たずに更地にされてしまった


夏休みが来ても、暇すぎた俺たちグーニーズ
隊長・貧乏で母子家庭な俺
副長・デブの土建屋息子
隊員・貧乏で家庭の複雑な女子
隊員・極貧で家にリンゴしか食料のなかった5人兄妹の末っ子男子
隊員・転校してきたお金持ちの息子

学校の裏山的な山にある廃墟へ冒険に出かけたんだけど、スモールサイズな農家タイプの廃墟が一軒だけあるんさ
どんだけスモールなのかというと、まだ現存してるから分かるけど六畳間2部屋と土間だけしかない
周囲は竹薮で覆われていて、遠目から家の存在も分からないくらいなんだけど
庭スペースはわりとスッキリしてたりする
庭の東側には石垣が積んであって、その上に畑だったと思われる荒地が広がっている

学校の先生曰く「放置バスと空き家に、浮浪者が住み着いているので夏休み中に絶対近づかないように」だった
たしかに放置バスでは事件も起きてたりした

地元の中学校で有名なヤンキーだったカキウチ君という人物が冷やかしでバスに乗り込み
仲間とアンパン吸っていたところに「家主」が戻ってきたという
ラリラリなカキウチ君という人は仲間3人とで「家主」に襲い掛かったが
全員ボッコボコに叩きのめされて前歯が折れたとかなんとか噂になっていたりした
118 :本当にあった怖い名無し:2011/02/17(木) 00:18:43 ID:lZ1oVnr80
そういった事件というか噂もあったので
廃農家に着いた俺達にとっての最大の恐怖は「廃墟に相応しくない生活臭」だった

現地に着いた時、みんなで声を殺して「浮浪者がいる感じだったら即撤退」と決めた
庭は草がボーボーで「グリンッグリンッ!青空に〜は」という歌詞が浮かんでは消えた
・・・もちろん小鳥は歌っていなかったが緊張感がみなぎっていて蝉の声だけが、やけに大きく聞こえた
石垣には赤錆で覆われたなにかの部品が山積みだったけど「生活臭」は大丈夫そうだ

藪を掻き分けつつ玄関先まで辿り着くが、玄関には戸が無く土間から朽ちた六畳間が見えていたので
「生活臭」は全然ないぞ!と一安心した、みんな自然と声が大きくなる

武器に持ってきた花火やバット、でっかい音の鳴る笛、煙の出る駄菓子屋産手品アイテム
それらを玄関先に置いて、それぞれの「食料」を食べて一息ついた
俺の食料は「うまかっちゃん」と「酢だこさん」だけだったけど極貧からリンゴも貰えた



119 :本当にあった怖い名無し:2011/02/17(木) 00:48:55 ID:lZ1oVnr80
いざスモール農家進入だ!と余裕こいて踏み込んだ
人数いたってのもあるけど、浮浪者の生活痕が皆無ってのが気を大きくしていた
あと、もし誰もいなくて快適だったら自分達の新秘密基地にしようとも話していた

土間は朽ちた農具やら木の箱やらが古いカレンダーやらあったけど、あんまりトキメキはなかった
水周りというか、トイレと風呂はこの屋内には無いので土間をあがれば部屋になる
外にトイレと風呂の残骸らしい掘っ立て小屋があるが壁も屋根も半壊していた

最初の六畳間へ・・・初めて畳を靴で踏んだ感触・・気持ち悪い
何も無い、本当になんにも無い部屋だったので拍子抜けしてしまった
ただ、東側の窓だけが真新しいアルミサッシになっていた
「なんだよ、なんもないじゃんブー」土建屋が言う
「入り口とか片付けて、この部屋にテーブルおこうよアヒャアヒャ」と女子
「じゃあ僕、庭片付けてハンモックとか焚き火する場所作る」と金持ち
俺は押入れを開けて「なんもないなー」とか言ってた気がする
・・・本当は怖くて中はしっかり見ていない
なんの緊張感も無くノボーっと隣の部屋へ極貧が向かいハナクソをほじりながら襖を開けた
わりと立て付けがいいのか「ススー」なんつって快適にフスマが開く

「あ、布団と一升瓶あるよ」極貧の一言で戦慄が走る
121 :本当にあった怖い名無し:2011/02/17(木) 01:20:24 ID:lZ1oVnr80
開かれたその先には濃厚すぎる生活臭が漂っていた

「さっきまで人はいってたよ!」と言わんばかりの人型にモッコシ洞窟作っている掛け布団
敷布団に至っては擦り切れて綿出つつシミ作りつつ「まだ頑張ってるよ!」という感じだった
綿出つつっていうか、ほぼ綿

着替えなのかゴミなのか分からないが布団の周りには衣類が大量に散らばっていた
酒なのか汚水なのか分からないが瓶が沢山ある
袋にはいったゴミっぽい物が散らばり、雑誌やらエロ本やら新聞やらが山積みになっている

当時はコンビニなんて7時〜11時までしか営業しないセブンイレブン(八百屋のおっさんが経営)しかなく
コンビニ袋のゴミって感じではなくて、本当にアレなアレだった
なんかナマゴミから拝借してきた寿司?かなんかの入れ物やら松電(地元スーパー)の袋に入った謎廃棄食品やら
子供達が捨て去ったビックリマンチョコのお菓子やら・・やらやらしすぎたorz

とにかくやばい事だけは0.2秒で理解したので
脱出しよう!と皆に眼で合図する
が、極貧だけなぜかノスノスと部屋に侵入していってしまった
「やばいじゃん帰るぞ!」と小声で怒鳴ってもオール無視してノスノス進む
土建屋と金持ちが我先にとダッシュで逃げ出す
女子はなぜか、いつでも花火に着火できるようにスタンバイしだした
俺も今すぐにでも走りだしたい逃げ出したい

「ちょいさ、これ」と極貧がしゃがみこんで手招きする
チョイサじゃねぇよ!!!と思いつつ「ん・・どうしたん?」と必死に余裕を醸し出して極貧へ歩み寄った

極貧の背中を見ている視界の端 かなりギリ視界に入った

押入れの二段目の上、天袋ってあるでそ?小さい方の高さ50センチくらいの

人間の目が凝視していた
123 :本当にあった怖い名無し:2011/02/17(木) 01:50:48 ID:lZ1oVnr80
そいつは、その50センチに横向きに寝てる風だった気がする
っていうのは顔が真横に向いていたから
顔半分くらい出てた気がするけど直視してないから曖昧

極貧が「これすごくない?ヘッドロココだよね?」と言ったか言わないかのタッチで首根っこを掴み上げていた
引きずるように部屋から連れ出し「にげろ!!!!」と怒鳴っていた
女子が泣き出しそうになって、俺も多分、半べそ面になっていたと思う

極貧も急な事態にパニクって俺達よりも素早く走り去った
しかも部屋で見つけたでっかいアルバムを抱えて・・

無我夢中で走り転び泣き叫びながら女子と二人でデカイ道に辿り着いた
道を挟んで市営球場があるんだけど、そこの駐車場に土建と金の姿を見つけた
土建と金が半べそで待っていた、汗びっしょりで顔面蒼白な4人
「お前ら先逃げるなんて酷いじゃんかよ!」って言う俺を制止して土建屋が叫んだ
「だって誰か押入れの上から見てたじゃん!」言いながら土建が号泣してしまった
俺も号泣して、女子も金も全員号泣した

金と土建はいち早く気がついたらしいけど恐怖で大声だしたり「誰かいるぞ!」なんて言えなかったってさ
俺もその気持ちすごい分かったし、とりあえず謝って仲直りしたりして水筒の水を飲んだりした

「極貧 なんでいないの?」と金が言った時、「あっ」ってなった

125 :本当にあった怖い名無し:2011/02/17(木) 01:56:57 ID:lZ1oVnr80
申し訳ない話だけど、スモール農家に再探索する猛者は誰もいなかったので
極貧の家へ行ってみた「コンコン」「はーい」
極貧のお姉ちゃんが出てきたので「○○いる?」って尋ねると・・「いるよ」
普通に家に帰っていやがった
まぁ全員無事でよかったね^^って感じでその日は解散した
怖いサイト.com
ベストヒットナビ
感想・雑談はコチラ
もっと探す@AB
[戻る]
- mono space -