検体A

540 :オオ○キ教授 ◆.QTJk/NbmY :2008/09/20(土) 00:47:25 ID:VsVHhltb0

検体 6/11

広島駅を降り立ち、タクシーでS寺に向かう。
運転手さんの話によると、S寺は原爆で完全に焼失し、いまあるのは近年に建て替えられた物らしい。
運転手さん自身は年嵩でもなかったけど、土地柄か、戦前から戦後にかけての情報には明るくて、
「あの寺は行者さまが立ち寄られた所だそうで、原爆が落ちる前までは、境内に清水が湧き出る井戸があったんですよ」
と案内してくれた。
教授が、
「【行者さま】というのは修験道の開祖の役小角(えんのおづぬ)のことだな。彼は竜神の異名も持っていて、水の神としても慕われている」
と教えてくれた。

S寺は小さな寺だった。
お手水と本堂と、それから、脇に「御霊水の井戸」と書かれた祠がある。
確かに井戸ぐらいの大きさだけど、扉は締め切られていて、中は見えない。
教授は、すぐ隣にある民家に向かった。こういうこじんまりしたお寺は、住職さんがお隣に住んでいる場合が少なくない。

私は本堂の前で待った。
すぐに教授と、Tシャツにスラックスという普段着の住職さんが出てきた(笑)。
堂内に通してもらえたので、教授の隣りで、かしこまって話に耳を傾けた。



541 :オオ○キ教授 ◆.QTJk/NbmY :2008/09/20(土) 00:49:01 ID:VsVHhltb0

検体 7/11

教授が甕の写真を見せる。
「こちらについて伺いたいのですが、ご存知ですか?」
住職さんは頷きながら、
「この甕は、実物は見たことがありません。戦前までこの寺でご供養差し上げていた物らしいのですが、そのときの住職は原爆で亡くなりましたので」
と答えた。
思わぬところで被爆者の末路を聞いて、私は、浮かれた気分が吹き飛んだ。
教授は、
「お気の毒さまでした」
と悼んで、続ける。
「この甕は、いま、僕が管理して、あるお寺に預けています。幸いにして呪詛の効果は現れていませんが、この寺では、どのようにしてお祭りをしていたんでしょうか?」
その質問に、住職は、
「この甕は水を強く欲するので、絶えず御霊水を注いでお慰めしていたようです。その井戸も、原爆でつぶれてしまいましたが」
と答えた。

そっか…。祠で覆ってあったのは、すでに井戸の形を成してないからなのね…。



542 :オオ○キ教授 ◆.QTJk/NbmY :2008/09/20(土) 00:51:04 ID:VsVHhltb0

検体 8/11

教授はさらに踏み込む。
「この寺にあるとき、甕は、なにか災いを起こしましたかな?」
住職は笑って首を振り…。
でも、すぐに思い返して、声を潜めた。
「災いと言っても、戦時中のことでしたので」
と注記して、説明する。
「この甕を管理していた先々代の住職は、先ほども言ったように、原爆で一家すべて亡くなりました。寺に縁のあった先代の住職が、その惨状を目にしたのは、投下から3日後のことだったと言います」
「先々代とそのご両親は焼け焦げ、修行中だった息子さんは、身重の奥様を引きずりながら、御霊水の井戸まで辿りついて息絶えていたようです」
「奥様は家の中にいらっしゃったのか、ガラスの破片で背中に大怪我をなされていました。先代の住職の呼びかけには一言、二言、応えられたそうですが、その後は、ただ、『水が欲しい』と言って、事切れました」

………。
私は…。
原爆って、ただの歴史だと思ってた。
遺物だと思ってた。

「『水が欲しい』ですか…」
教授は考え込んでいるようだった。
甕は餓死を誘うらしいけど、関係あるの…?



543 :オオ○キ教授 ◆.QTJk/NbmY :2008/09/20(土) 00:52:32 ID:VsVHhltb0

検体 9/11

「ここからは、あまり話を広げないようにお願いします」
住職はさらに小声になった。
「私自身、この話をどこまで伝えていいものか迷っているのですが、身に納めておくのも心苦しいので」
と、本音を吐露し、教授と私に【悪夢】を伝授する。
「先代の住職が、焼け野にご遺体を並べて供養していたとき、米兵が寺に来て、安置してあったご遺体の中から奥様を連れて行ったそうです」
「…それはどういう意味ですかな?」
教授は眉をひそめる。
「よくはわからなかったそうですが、米兵たちは盛んに『サンプル』と言っていた、ということです」
と、住職の返事。

私も意味がわからなくて、教授の顔を見た。
教授は、少し怒っているのかもしれなかった。
「つまり、被爆者の検体として、奥方が選ばれたということですな」
初めて聞く怖い声だった。
「そう思っております。奥様は…いまもこの日本には帰ってきていないのかもしれません」
住職は抑揚のない声で答えた。



544 :オオ○キ教授 ◆.QTJk/NbmY :2008/09/20(土) 00:56:23 ID:VsVHhltb0

検体 10/11

寺を出るときまで把握できていなかった私に、教授は、ゆっくり歩きながら説明してくれた。
「原爆は、なぜ投下されたと思う?」
「えっと…第二次大戦を終わらせるため…ではなかったのですか?」
答えてから、どこかの政治家が同じことを言って非難を浴びたことを思い出した。
「威嚇という説もある。むしろ、米国はそう主張してきた。だが、それだけじゃない」
教授は断言する。
「原爆の技術はドイツからアメリカに渡って来たが、開発計画はずっと秘密裏に行われてきた。マンハッタン計画…と言ってもわからないか」
笑われたけど、わからないものはわからない。首を横に振る。
ただ、
「威嚇目的なら、すごい兵器を保有していることは、むしろ公にするのでは?」
という私の意見は、的を射たようだ。
「そう。原爆の威力は、すでに日本でもSF的な知識で知れ渡っていたから、敵対国が持っていると知れば、たやすくパニックになっただろう」
教授は肯定して、
「でも、アメリカはその手段を取らなかった」
と続ける。
「原爆がどんな効果をもたらすのか。それを知るためには、どうしても実戦で使う必要があったからだ。広島の街と人民は、アメリカの興味本位の検体にされたんだよ」

私が教授の怒りの意味を本当に知るのは、この後、広島の街を回って、原爆の実態を知ってからだった。
けれど、筆舌に尽くしがたいので、それは割愛する。



545 :オオ○キ教授 ◆.QTJk/NbmY :2008/09/20(土) 00:58:27 ID:VsVHhltb0

検体 11/11

「でも、教授…」
寺をはるかに後にしてから、私は思い出して、教授に伝えた。
「甕のこと…【呪い】とは、なんとなく関連付けられましたけど、このお寺に来る以前の軌跡は聞いてこなくてよかったんですか?」

暗い表情で考え込んでいた教授は、ぱっと顔を上げて、頭を掻いた。
「忘れてたよ」
そのまま踵を返して、住職の家を再訪問する。

やっぱり、私、ついてきてよかった…(汗)。



546 :オオ○キ教授 ◆.QTJk/NbmY :2008/09/20(土) 00:59:53 ID:VsVHhltb0

ごめんなさい。まだ甕シリーズ続きます(汗)。
怖いサイト.com
ベストヒットナビ
感想・雑談はコチラ
もっと探す@AB
[戻る]
- mono space -