意味のある話@

はじめに…

オカルト系の話で、「メモ」という、以下のような話があります。

--------------------------------------------------------------
昨日姉貴が久々実家に帰ってきた。脱いだ服から落ちたメモに
1日:右へ
2日:左へ
3日:右目
4日:左目
5日:死ね
6日:ごめんね
7日:死ね

と書いてあった。
カレンダーを見て12月20日と気づいたのは3時間後だった
意味が解った瞬間、全身に鳥肌が立つと同時に血の気が引いた
--------------------------------------------------------------

見ての通り、ちょっと不可思議で、あちらこちらで様々な考察がされているものです。

今回は、これについての話になります…。

1/18
舞「…今度は何?」

姉貴の部屋を訪ね、「これについてちょっと…」と言った俺に、姉貴がそう答えてくる。

俺「少し、お知恵を…ですね」
そう言いながら、俺は例のごとくプリントアウトしてきた1枚の紙を差し出す。

俺「この、「メモ」って話のことなのですが…」
舞「…」
恭しく差し出したつもりだが、受け取ってくれない姉貴。
特に機嫌が悪い様子でもないが、何故だろう?と思っていると――

舞「何だか、甘いものが食べたいわね」
俺「…へ?」
舞「無料、って怖いわよね」

何食わぬ顔で、独り言のように言う姉貴。
…そういうことか。

2/18
俺「それは勿論、準備させて頂きます」
駅前で、姉貴の好きそうなお菓子でも買ってくればよかろう。

舞「お母さんの分もね」
サラッと追加される。が、まぁ良いか。取引成立だ。

姉貴に紙を渡し、簡単な説明をする。
説明と言っても内容のことではなく、この話がネットなどで色々と考察がされていること、しかしこれといった答えが出ていない、という説明だ。

いつものように小首を傾げながら、その内容を2度3度と読み返す姉貴。
お菓子はロールケーキにしよう、などと考えながら、反応を待つ俺。

すると――

舞「…意味が分からないわね」
俺「あら…」

お手上げか?
残念だが、まぁ、そういうこともあるか…

舞「そもそも、何なのかが分からないわ」
俺「何なのかって?」
舞「意味のある話なの?これ」
俺「意味は――」

オカルト系のこういった話では、「意味が無い」という結論になるものも多々ある。
この話にも、当然そういった説はある訳だが…

俺「あるものとして、考えられないかな」
意味が無い、だと…つまらない。

3/18
舞「…この話には意味がある、って考えていいのね?」
俺「うん」
舞「あと…嘘は無い?」
俺「嘘?」

舞「これって謎掛けでは無いでしょ?この話の謎を解きなさい、って言っている訳ではないわよね」
俺「まぁ…そうだな」

舞「そうすると、あり得ないことや、実際には無かったことが含まれている可能性もあるわよね」
俺「ふーむ…」
誰かが何の意味もなく書いた話――謎掛けではない文章なら、嘘が入っていようがいまいが、誰が困る訳でもないし、文句を言うのも筋違いだろう。

…しかし、それだと解きようがない。

俺「嘘も無し、で」
舞「…分かったわ」

そう言って、再び紙に目を落とす姉貴。
俺はワクワクしながら、その様子を見守る。

4/18
そして、数分後。

舞「全て事実で、意味はある。それが前提ね?」
そう言いながら姉貴が顔を上げる。
俺「あぁ」

舞「じゃあ、光一に聞くけど…この話について、どれくらい考えた?」
俺「ん?えーっと…」
この話を知ったのは、確か1年くらい前だ。
当然そのときはあれこれ考えたし、それからも時々思い出しては思考を巡らせていた。

俺「どれくらいかなぁ…延べ何日か、何週間か…結構考えたよ」
舞「答えは出た?」
俺「いや。どうにも分からず…」
舞「そう」
俺「…面目ない」
デキの悪い弟です。はい。
昔から、優秀な姉とは色々と比較されていたっけな…なんてことを思い出して、少し凹む。

舞「そんなこと気にしないで良いのよ。分かったから」
俺「あぁ…って、分かったの?」

5/18
俺「凄いなぁ、これの謎が解けたのかぁ…」
流石と感嘆の声が出る。
しかし――

舞「謎、ねぇ…」
首を傾げる姉貴。ニュアンスが違うのかな?

俺「意味が分かった、って言ったほうが良い?」
舞「…意味は分からないわね」
俺「へ?」
???
何だ?
分かったけど意味が分からない?
意味が分からないけど分かった?

俺「えーっと、どういう…ことでしょう」
舞「1つの説として、聞いてね」
俺「…あぁ、うん」

何だか煙に巻かれた気分だったが、俺は姉貴の話を聞くことにした。

6/18
舞「この話の主人公――1人称は、弟さん。それは良いわね?」
俺「あぁ」
妹とも考えられなくはないが…まぁ、弟だろう。

舞「お姉さんは、実家ではない所で暮らしている。結婚しているか未婚なのかは不明」
まぁ、不明だ。
しかし、1人で帰ってきたとか、旦那さんがどうのとは書いてないから、未婚である可能性が高いだろうとは思う。

そういえば、最初の一文を読んで、実はこの家族の名前は「久々実」なんじゃないか――なんて考えたこともあった。
読み方は分からないが、「久々実家」を、「久々実」と「家」に分けて…。
まぁ、もしそうだとしても、そこには何の意味もなさそうだが。

舞「で、そのお姉さんが脱いだ服から、メモが落ちる訳だけど…これって、どういった状況かしらね」
俺「状況って…そのままじゃ?」
舞「脱いだ服からメモが落ちるって、普通にあること?」
俺「まぁ、たまーには…」
稀な状況だろうけど、無くはないだろう。

舞「たまにだけどある、ね」
俺「うん」
何でそんなところに引っ掛かるのか知らないが、まったくあり得ないことではないだろう。

7/18
舞「あと、"脱いだ服"ってあるけど、これは何かしら」
俺「脱いだ服は…脱いだ服、じゃない?」
舞「…」

…あ。

俺「普通に考えると、コートとか上着とかじゃない?」
何だか間抜けなことを言ってしまった気分になり、俺は慌てて付け加える。

舞「そうね。あと、脱いだ服は、"脱いであった服"とも考えられるわよね」
俺「んー?…あぁ、そうだな」
既に脱いで、置いてあった服を動かしたときにメモが落ちた場合でも、「脱いだ服から落ちた」と言えるだろう。
それが何か、意味があるのか?と思ったが…

舞「まぁ、どちらとも分からないから、考えるだけ無駄だけど」
俺「あ…そう」
なんという肩透かし。
…ま、いっか。

舞「で、メモね。…そもそも、メモを書くときって、どんなとき?」
俺「メモか…」
どういった時にメモを書くかは…色々と考えられるな。
俺「人から話を聞いたときとか、何かを見たとき…何かを思い付いたとき…かな」
舞「そうね」

…ん?姉貴の説と言いながら、何故か俺があれこれ答えているな。

8/18
舞「でも、これも分からないわね」
俺「分からない?」
舞「このメモがどういった状況で書かれたかなんて、分からない」
俺「…あぁ」
それはまぁ、確かに分からない。

…うーん、何だか分からないことだらけだ。
これで答えに近づいているのだろうか?

俺「あのさ、途中で悪いんだけど――」
少し不安になった俺は、ここで姉貴に1つの説を教える。
それは、これは妊娠した女性の話で、堕胎をしたときのことについて書かれたものである、という説だ。
俺が調べた中で、これが一番納得できそうな説だった。

しかし――

舞「…それは無いと思うけど?」
と、バッサリと切って捨てられる。

俺「そうかなぁ…」

お腹の赤ん坊が右に左に動いたとか、右目と左目が確認できたとか…でも、堕胎してしまって「ごめんね」と…結構良い説だと思うのだが。

9/18
舞「これ、メモ書きよ?日記じゃなく」
俺「うん」
舞「お腹の子供の成長の過程を、日記じゃなくてメモに残すの?」
俺「…あり得ないかな」
舞「母親がお腹の子供の成長の記録を、一言のメモ書きで済ますなんて…考えたくないわね」
少し嫌悪感を含ませながら姉貴が言う。
同じ女性として、許せない説だったのかも知れない。

俺「ほら、日記の切れ端かも知れないじゃない」
舞「一言だけの日記だってこと?」
俺「…そうか」

確かに、ちょっと考えにくいか。
主語も述語もない、一言だけの日記。
それが、お腹の赤ちゃんの成長日記?
もちろん、絶対にあり得ないとは言えないが…無理があるように思える。
少なくともこの文章を読んだ限りでは、このメモが日記であるとは考えられないかな。

意味のある話Aへ続く
怖いサイト.com
ベストヒットナビ
感想・雑談はコチラ
もっと探す@AB
[戻る]
- mono space -