隣家の奇行

東京といっても西のはずれの方に住んでいるのですが、
自宅から百メートルほど離れたところに小学生時代からの友人の家があるんです。
問題はその友人宅の隣に古い一戸建てがあって、友人曰く
時々お爺さんの叫び声のような奇声と、ドス、ドスっと何かを刺すような音が聞こえてくるらしい。
その家はすべての窓もカーテンも完全に閉めきられていて、
人の出入りもまったくなかったそうで、友人の家族も怖がって一切関わらなかったとのこと。
ところがいつからか奇声と音がぱったりと止んだそうです。
友人の家族もこれでゆっくり眠れると思っていたんだけど、一ヶ月ぐらい経ってから
今度は異臭が漂うようになって、警察に連絡したらしいです。
警察が来てドアを開けようとしたら鍵がかかっていたので、
窓を割ったら中から黒いものが一斉に飛び出してきて、
部屋の中にはお爺さんの首吊り死体があったそうです。
腐敗がひどく、飛び出してきた黒いものはハエの大群。
そして死体のわきに日本刀が置いてあって、
部屋のあちこちが刺したり切り裂かれていたとのこと。
うかつに苦情でも言おうものなら・・。話を聞いて寒気がしたのを覚えています。
怖いサイト.com
ベストヒットナビ
感想・雑談はコチラ
もっと探す@AB
[戻る]
- mono space -