川の流れのように

853 本当にあった怖い名無し New! 2006/06/07(水) 07:47:56 ID:yDH2zFZj0
僕が幼稚園に入る前のこと
僕は一軒家に住んでいて、そのとなりが盲学校だった
そのころは何の学校かは分からなかったのだけれど
その学校ではいつも「川の流れのように」の合唱が聞こえてくる
ある夕方、またその例の合唱が流れてきた
「川の流れのように」という曲は合唱で聴くと
寂しげで、少し不気味だ
幼い僕は、多くの子どもの感覚が強いようにその不気味さを
いまでは感じることができないほど感じた
嫌な感じになった僕は、家に帰ったが誰もいない
寂しい夕日が静かに部屋に入っているだけで誰もいない
怖くなって、隣の友達のうちにいった
なんとなく、呼び鈴もおさないでドアを押した
静かにドアは開いた
夕日が静かに玄関をてらして僕の影だけが床に映る
人のいる気配はしない・・・
幼い僕にはわけが分からない
誰もいない
でも不気味な「川の流れのように」が流れる
まるで地獄から聞こえてくるような
もはや「川の流れのように」ではない
どんどん声が低くなっていく・・・
声がねじれていく・・・
気持ち悪い音が耳の中に響く
もう理解不能になった僕は、友達のうちで気絶していたらしい

今思えばあれはなんだったのか・・・
大人になった今でも、妙に頭に残ってる
怖くなくてすんまそ
怖いサイト.com
ベストヒットナビ
感想・雑談はコチラ
もっと探す@AB
[戻る]
- mono space -